給排水衛生空調設備

 TAKARAは様々なメーカーが作り出す機器を自由に組み合わせ建物にいのちを吹き込むプロデューサーです。人間で言う、静脈・動脈の位置を決定する重要な役割を持っています。なかでも水と空気には特別な思いがあります。
 生活の快適性や工場などにおける生産性の向上のため室内の空気環境を良好に維持すること、また人の生活に欠かせない水を衛生的に利用することが必要です。
これらの設備が空気調和設備であり、給排水衛生設備です。

給排水衛生設備

トイレ、バス、洗面、キッチン、などすぐに思い当たるだけでも水回りに関係する設備は様々で、住宅やマンションなど日常生活、また、オフィス、商業施設の経済的な機能面とも密接な関係をもち、必要不可欠なものです。飲料水や給湯や排水などのシステムが建物内で複雑な計算を元に、デザイン・配置・配管されています。人が快適かつ衛生的で安全な環境を保つ上で重要な設備です。

空調換気設備

近年の建築物の機密性や高層化が進んでいます。そのため空気換気設備は、空間の快適度数はもちろん、暖房・冷房などのエネルギーをロス無く経済的にランニングコストにも配慮した、効率的で心地よい建物空間の創造に非常に重要な役割を給排水衛生設備とともに司っています。温度・湿度・空気清浄度など、目にはみえない空気ですが、これもまた綿密な計算とデザインとともに設計、施工が行われているのです。

時代とともに、私達の生活スタイルは様々な分野で変化しています。
人が生活していく上で必要な、衣・食・住は機能的にもデザイン的にも進化し、
スタイリッシュで便利になったのと比例して、
それらを支える裏側でもあり基盤となる部分はより複雑なものとなり、
さらに完成度の高い、高度な技術力を求められるようになりました。
住宅、マンション、オフィスなど「住」に関して言えば、
給排水衛生設備・空調設備はまさに建物のハード面でのバックボーンでもあり、
建物が快適にその役割をはたすうえでの中核を成すものと言えるでしょう。
見た目や、居心地、使い勝手がデザインされているよう、それらを支える、
給排水衛生設備・空調設備もまたデザインがされているのです。