JP EN

国際交流

2019年09月

ベトナムフェスタin神奈川

9月6日~9日に行われたベトナムフェスタin神奈川に今年で2年目の協力をいたしました。このフェスタは神奈川とベトナムの相互理解と関係強化を深め、幅広い分野での交流を将来にわたって拡大していく事を目指して2015年より毎年開催されています。今年はタカラの代表がダナン建築大学副学長としてベトナムフェスタin神奈川の実行委員に携わり、タカラはさまざまな分野でフェスティバルに関わらせていただきました。

 

ガラディナー

弊社のベトナム人社員がベトナム語司会を担当いたしました。

    

開会式

 

閉会式

 

 

ベトナム大使館との共同出店

ベトナム大使館と共同で、日本ではほかに食べられないベトナム中部の名物緬料理「ミークアン」とハノイ発祥のつけ麺「ブンチャー」を提供いたしました。

 

水上人形劇

 

ステージ

(左)ベトナムフェスタin神奈川アンバサダー 上野優華さん

(右)ミークアン大使 kolmeさん

 

テーマソング「青」 

 「青」は海や空でつながっている地球で、国によるさまざまな違いを乗り越えてみんなでひとつになろうと謳っている、ベトナムフェスタin神奈川の日越友好テーマソングです。二日目は黒岩知事も一緒に歌っていただきました。

 

ボランティア

Kosha33の装飾品制作を興和学院の生徒の方たちと行い、飾りつけには神奈川県のインターンの学生さんたちも手伝ってくださり、スタッフ同士の交流も行うことができました。

フェスティバル当日は早稲田大学ボランティアサークルDOORSの学生さんが、レクチャープログラムとしてベトナムでの体験談を語って下さいました。その他、アオザイ・浴衣着付体験の受付や案内・呼び込み、アンケートの依頼を行いました。