設備の重要性

すべての建物に必ず必要なものは設備です。
電力・照明・通信・空調・給排水・防災・衛生・クリーンルーム・厨房など
構造以外のものはすべて設備と言っても過言ではないでしょう。
設備とは生活環境のすべてとも言えます。
私たちの日常生活から産業社会まで様々な用途に密接に関係しています。
住環境では機器の発達、病院では高度医療機器、公共施設は大型化と数十年前と
大きく発展しました。その進化に設備技術も大きく貢献しています。

設備の充実=生活の充実

TAKARAは創業から、そこに生活する人々が快適かつ安全にくらせるよう日々努力しています。
そして現在は日本国内だけでなく広くアジアの人々の生活水準を向上することを目的の一つとし技術支援を先駆けて活動しています。

設備の発展=安全な暮らし

さらに近年では「地球環境問題」の観点からも生活の利便性・快適性だけでなく設備の重要性が増しています。自然エネルギーを合理的に利用するため、クリーンな空気・衛生的な水質を保全し、公害を防止することも我々TAKARAの大切な社会的使命です。